ホーム新着情報 > 世界のワイン通をうならせるオカナガン・ワインが一堂に集結。秋のワイン・フェスティバル開催
その他の地域 2014.10.06

世界のワイン通をうならせるオカナガン・ワインが一堂に集結。秋のワイン・フェスティバル開催

イベント

img_201409_news02_01.jpgブリティッシュ・コロンビア州のオカナガン地方は160軒以上のワイナリーが集まるカナダで有数のワイン産地です。美しい山々に囲まれ、広大なオカナガン湖を見下ろすように広がる葡萄畑は、言葉を失うほどの素晴らしい景色。そんなオカナガンではシーズン毎にワイン・フェスティバルが開催されます。なかでも葡萄の収穫時期と重なる秋のワイン・フェスティバルは、最大の規模。今年は10月3日(金)~13日(月)の11日間です。


オカナガン地方はワインの名産地であるフランスのボルドーやシャンパンで有名なシャンパーニュとほぼ同緯度の北緯50度線上に位置し、年間日照時間が2000時間を超える乾燥地帯で寒暖の差が激しいため、ブドウ作りには絶好の気候です。
その好条件の中で作られるオカナガン・ワインは、国内外のコンクールでの評価も高く、近年世界のワイン通の注目を集めています。ただ、生産量が多くないため、輸出どころかリカーショップに卸していないワイナリーもあり、当地でしか出会うことのできないワインがあるため、それを求めて国内外から足を運ぶファンが後を絶ちません。


img_201409_news02_02.jpgワイン・フェスティバル期間中は、オカナガン地域全体で、ワイン・テイスティングはもちろん、食事、クルーズ、ゴルフなどとセットになったイベントが多数開催されます。

イベントに参加できなくても、ぜひお勧めしたいのがワイナリーでの食事。ワイナリーのレストランから見える葡萄畑や湖など素晴らしい景色を眺めながら堪能するワインと食事は最高の贅沢です。


イベント参加はもちろん、食事だけでも予約が必要ですので忘れないようにしてくださいね。また期間中、ペンティクトンにある「BC VQA ワイン・インフォメーション・センター※」では、ワインの販売だけではなく、700種類以上を揃えたBC州のワイン・テイスティングが無料で楽しめます。


ワインに関するグッズも豊富なので、ワインと一緒にお土産にどうぞ。


オカナガン・ワイン・フェスティバル公式サイト(英語)
イベントの一覧とご予約はこちら(英語)
オカナガンのワイナリー情報とワイン・インフォメーション・センター情報は こちら


※VQA(Vintners Quality Alliance)とは、カナダのワインの品質認証基準であるとともに、原産地を保証しているものです。BC VQAとは、100%BC州産のブドウで生産され、品質基準を満たしているワインを指します。
ただ、小規模のワイナリーはVQAに加盟していない場合もあるので、VAQマークが付いていなくても必ずしも品質が条件を満たしていないわけではありません。ぜひこの機会に現地のワイナリーを訪れてお気に入りのワインを見つけてください。


【オカナガン地方への行き方】...━...━...━...━...━...━...━...☆


▼日本からツアーを利用する場合
オカナガンをじっくり巡るツアーを、エイチ・アイ・エスが企画しました!
詳細はこちら(H.I.S.のサイトに飛びます)


オカナガンの魅力がたっぷり詰め込まれたH.I.S.のパンフレットと、ブリティッシュ・コロンビア州観光局が発行する冊子「オカナガンの休日」をプレゼントいたします。 ご希望の方は こちら からご請求ください。


▼バンクーバーからレンタカーで行く場合
バンクーバーからオカナガンへは車で4~5時間。バンクーバーよりハイウェイ#1でホープへ。そこからハイウェイ#5を通ってメリットへ。メリット経由でハイウェイ#97cからケローナへ。滞在する場所としては街の規模が大きなケローナがお薦め。ワイナリーはケローナ周辺をはじめとして、南に位置するペンティクトン、ナラマタ、さらに南下してオソヨースへ向かう途中にたくさん点在しています。


▼バンクーバーからバスで行く場合
グレイハウンドなどの長距離バス会社を利用してケローナに行くことも可能です。ケローナまでの所要時間は約6時間。色々な割引もあるため費用の目安は往復100~195ドルです。


グレイハウンド(英語)


▼バンクーバーから飛行機で行く場合
エア・カナダやウエスト・ジェットがケローナやペンティクトンへ運行。所要時間は約1時間。


ワイナリーは点在しているので現地の移動には車があると便利ですが、飲んだら運転はできません。現地のワイン・ツアーも上手に利用してくださいね。

自転車でまわるワイナリーツアーはこちら
その他現地ワイン・ツアーはこちら

◀前のニュース 次のニュース▶