ホーム新着情報 > カナダで一番早く春が訪れるBC州、"花の旅"はいかがですか?
その他の地域 2014.02.21

カナダで一番早く春が訪れるBC州、"花の旅"はいかがですか?

まだまだ寒い季節ですが、一足先に春のご旅行の計画を立てている方もいらっしゃるのではないでしょうか?カナダの最も西側にあるBC州は、カナダの中でも春の訪れが一番早く、さらに美しい花々が楽しめる場所として知られています。今回は春の気分を一歩先取りして、バンクーバー近郊の"花"が楽しめるスポットをご紹介します!


<バン・デューセン植物園>
img_201402_news01_01.gif6大陸から集めた7500種を超える植物を有し、園内を一周すると世界中の植物を見ることができる植物園。1964年、大規模な集合住宅の開発からこの地をどうにかして守ろうという市民活動の働きかけに答えた、バン・デューセン氏の資金提供をきっかけに植物園に生まれ変わった、という歴史を持っています。園内にはシャクナゲを始めとする多くの交配種が咲き乱れ、日本で見る同系の花とは大きさも色も違うものも多く、花・植物好きの人には特に興味深いはず。特に有名なのは、毎年5月の中旬から、約2週間のあいだ見ることができるラバーナム(キバナフジ)の小路。「金の鎖」のように垂れ下がるラバーナムがアーチ状に小路を多い、その下から茂る紫色のギガンジウムとのコントラストが、世界中の観光客を虜にしています。
●【期間】年中無休(12/25を除く) 9:00~20:30(季節により異なる)
●【料金】 大人7.75ドル(4/1~9/30は大人10.75ドル)
VanDusen Botanical Garden(英語)


<クイーン・エリザベス公園>
img_201402_news01_02.gifバンクーバーダウンタウンの南の小高い丘に位置するカナダで最初の市立公園。現イギリス女王の母エリザベス王妃が1940年にバンクーバーを訪れた際に記念して命名されたものです。敷地内には様々な植物が植えられており、訪問者の目を楽しませてくれます。公園は標高167mの丘の上にあるので、そこから見渡す山と海に囲まれるバンクーバーの眺望も素晴らしく、公園を訪れた際は必ず訪れたいスポット。また、公園のてっぺんにはフローデル温室があり、多様な熱帯の植物や100羽以上の鳥が放し飼いにされています。
●【期間】年中無休
●【料金】公園は無料。 フローデル温室へは大人5ドル
Queen Elizabeth Park(英語)
Bloedel Conservatory(英語)


<スタンレー・パーク>
img_201402_news01_03.gif様々な野鳥が集まる湖や、愛らしい姿で人気のベルーガ(シロイルカ)がいる水族館など見どころが多く広大なスタンレー・パーク。バンクーバーのダウンタウンからも行きやすく、バンクーバー住民の憩いの場になっています。自転車を借りて園内を一周したり、馬車ツアーへ参加したり、1年を通じて様々な楽しみ方ができる公園ですが、花を楽しむなら3月末から咲き始める桜の風景は最高。園内にはバラ園もあり、初夏のシーズンも見逃せません。また、ロストラグーンの横にあるThe Ted & Mary Greig Rhododendron Gardenでは、様々な種類のシャクナゲやつつじの交配種を見ることができます。
Stanley Park(英語)


<アガシズ・チューリップフェスティバル>
img_201402_news01_04.gifバンクーバーから車で1時間半のところにあるアガシズという街では、毎年4月の後半にチューリップフェスティバルが開催されます。雪に包まれた山々の頂を背景に、色とりどりのチューリップが咲き乱れる姿は溜め息モノ!今年の日程は3月中旬発表予定。
Agassiz Tulip Festival(英語)


<Sakura in バンクーバー!>
img_201402_news01_05.gif実はバンクーバーは桜がとっても美しい街。暖流に囲まれ、温暖な気候のバンクーバーでは、早いところで2月、ソメイヨシノに八重桜、山桜と、種類の異なる桜が開花時期をずらして次々と街を飾り、5月前半くらいまで人々の目を楽しませてくれます。
特にお勧めなスポットは、上記のスタンレー・パークやクイーン・エリザベス公園などですが、ダウンタウンだと、スカイトレインのバラード駅の脇にも、見事な桜並木があります。
各地の桜の満開予測は、こちらのウェブサイトで確認できます。
http://www.vcbf.ca/neighbourhood-maps
BC州で楽しめる代表的な花、花カレンダーはこちら

◀前のニュース 次のニュース▶