ホーム新着情報 > 2012年、ロッキーマウンテニア号が新路線【コースタル・パッセージ】
バンクーバー ウィスラー 2011.09.01

2012年、ロッキーマウンテニア号が新路線【コースタル・パッセージ】



ロッキーマウンテニア
ンクーバーとロッキー山脈をつなぐ列車『ロッキーマウンテニア号』が、2012年度シーズン(2012年の夏)より米国ワシントン州シアトルと、BC州の
バンクーバーをつなぐ路線を新たに追加することを発表しました。シアトル、バンクーバー間は海沿いを通る美しいルート。この2大都市がつながることによ
り、海の際を走り、半砂漠地帯や丘陵地帯が続くBC州内陸、そして険しい山岳地帯へと続く、さらに変化に富んだ景色が楽しめるルート観光が可能となりま
す。


2012年夏、追加されるのはコースタル・パッセージと呼ばれるルート。

コースタルパッセージ

【コースタルパッセージ Coastal Passage】
米国、ワシントン州マリナーズの本拠地であり、スターバックスの発祥の地やボーイング社があることでも知られるシアトルから出発。左手に海沿いの景色が続 き、右手にはカナダの可愛らしい田舎町の景色がちらほら目を楽しませてくれる中、カナダの大都市バンクーバーへ。バンクーバーで1泊した後、内陸、オカナ ガンエリアのカムループス、そしてダイナミックな風景が楽しめるカナディアンロッキー方面へと抜けて行く、穏やかな海の風景からうって変わってカナダらし い大自然風景の変化を、余すところなく堪能する贅沢なルート。
<※ルート:米国シアトル~バンクーバー~カムループス~バンフ、あるいはジャスパー>



■□■ ロッキー・マウンテニア・レールツアーズ【Rocky Mountaineer Railtours】について ■□■

カナディアンロッキー 列車の旅

ロッキー・マウンテニア・ツアーズでは、バンクーバーを基点にカナディアンロッキーを満喫する観光列車「ロッキー・マウンテニア号」(【1】 Whistler Sea to Sky Climb号、【2】First Passage to the West号、【3】Journey through the Clouds号、【4】Rainforest to Gold Rush号、そして2012年からは前述の新Coastal Passage 号)を運行しています。


【1】【ウィスラー・シー・トゥー・スカイ・クライム号Whistler Sea to Sky Climb
*以前のウィスラー・マウンテニア号

ノース・バンクーバーとウィスラー間を時速118㎞、3時間で結ぶ観光列車。風光明媚なシー・トゥ・スカイルート(ハイウェイ99号線)に沿って走 り、ハウ・サウンド、スコーミッシュ(Squamish)、チャカマス渓谷などの壮大な景色を堪能できます。バンクーバーからの日帰り利用も可能。また、 ウィスラー~アルバータ州ジャスパー間を走る展望列車、ロッキー・マウンテニア号(レインフォレスト・トゥー・ゴールド・ラッシュ路線)に乗り換えれば、 1泊2日の鉄道の旅が楽しめます。

<※ルート:バンクーバー~ウィスラー>


【2】【ファースト・パッセージ・トゥー・ザ・ウェスト号First Passage to the West
バンクーバーとカナディアンロッキーを結ぶ花形路線。バンフやカルガリーへ鉄道で行くことができるのは、この列車のみ。カムループスでいったん下車し、ホテルに宿泊するので、沿線の全ての景色をゆったりと楽しむことができます。

<※ルート:バンクーバー~カムループス~バンフ~カルガリー>


【3】【ジャーニー・スルー・ザ・クラウズ号Journey through the Clouds
「雲海の中を通って」という路線名にふさわしく、ロッキーマウンテンの壮麗な山並みを満喫できるルート。このルートはVIA鉄道の列車も運行していますが、ロッキーマウンテニア社の列車は昼間のみ運行。カムループスでホテルに一泊します。

<※ルート:バンクーバー~カムループス~ジャスパー>


【4】【レインフォレスト・トゥー・ゴールド・ラッシュ号Rainforest to Gold Rush
ウィスラーからジャスパーを結ぶ新路線。沿岸部山岳地帯から、ゴールドラッシュの舞台になったカリブー地域抜け、カナディアンロッキーに至る変化に富んだルート。BC州の中央部を鉄道で走れるのは、この列車だけ。クエネルで一旦下車して宿泊。

<※ルート:ウィスラー~クエネル~ジャスパー>


ロッキーマウンテニアのダイナミックな経験を、映像でお楽しみください。






>>2012年のデジタルパンフレット



◀前のニュース 次のニュース▶