• エコ&サステナビリティ
  • アクティビティ
  • パーティ&貸し切りプラン
  • 文化体験
  • グルメ&レストラン
  • ショッピング
ホーム企画アイディア > パーティ&貸し切りプラン

カナダの思い出を彩るパーティやイベント

先住民の文化や歴史に触れる、深い森の神秘と命の力強さに出会う、開拓時代のフロンティアスピリットを学ぶ・・・パーティやアクティビティの楽しさにカナダらしいユニークなテーマを加えて、より思い出深く、長く影響力のある体験を演出できます。

1 ユニークな会場でレセプションを印象的に

ユニークな会場でレセプションを印象的に

パーティやレセプションというと、ホテルやレストランで催されるのが一般的ですが、カナダなら水族館や博物館、公園や大学のキャンパスなど、ユニークな会場を気軽に設定することができます。例えば、バンクーバー郊外にあるバーナビー・ビレッジ・ミュージアムは、実物の歴史的建造物を集め、1920年代のバンクーバーを再現した歴史村。規模は小さいですが、村全体を借り切って古きよき時代をテーマにしたパーティはいかがでしょう。当時の衣装を着た「村人」の体験談を聞きながら、タイムトラベル気分も味わえます。また、ベルーガ(白イルカ)の可愛らしい親子が泳ぐ巨大な水槽やBC州近海で見られる海洋生物のみを集めたエリアなど多彩なテーマのあるバンクーバー水族館(スタンレーパーク内)、広々とした温室のあるクィーン・エリザベス公園、先住民のトーテムポールなどが並ぶ人類学博物館ロイヤルBC博物館、子供科学博物館、ブリティッシュ・コロンビア大学のキャンパス内にある植物園、開拓時代の砦フォート・ラングレー、ビクトリア王朝時代の豪邸クレーダーロック城など、アイディアしだいでパーティやミーティング、チームビルディングのイベントなどを多彩に演出できます。

2 ダイナミックなショーでパーティを演出

ダイナミックなショーでパーティを演出

カナダらしいテーマバーティで特に人気があるのは、木こりたちが技を競う“ランバージャック・ショー(Lumberjack Show)”です。水に浮かんだ丸太を自在に操り、競争相手を振り落とそうとする丸太乗りから、チェーンソーを使った彫刻、見上げるような高さの柱にワイヤー一本でスルスルと登る競争など、思わず驚きの声や笑い声が出てしまいます。こうしたショーは、バンクーバーのPNEをはじめ、各地のカーニバルやお祭りなどで披露されますが、特に有名なのがノースバンクーバーのグラウス山。20世紀初頭、まだ開拓時代のフロンティアスピリットがたっぷり残っていた頃の雰囲気が再現されているのも楽しい演出です。

グラウス山のショーは一回約45分。夏の間は毎日行われます。カナダの開拓時代の話や森の自然についての解説と組み合わせれば、内容をより深めることができるでしょう。レセプションや食事と組み合わせ、パーティのアトラクションとして利用するのがベストです。

▲PAGE TOP

3 自然を眺めながら列車貸し切りのパーティはいかが?

自然を眺めながら列車貸し切りのパーティはいかが?

バンクーバーとウィスラーを3時間で結ぶ観光列車「シートゥースカイ・クライム号」は、「海から空へ」という名前にふさわしい、世界で最も車窓からの景色が素晴らしいルートのひとつとして、世界中の鉄道ファンの憧れになっています。バンクーバーから、フィヨルドの深い入り江に沿って北上し、巨大な絶壁と壮麗な滝が待つスコーミッシュからは沿岸部山岳地帯の深い山の中に入っていきます。バンクーバーとウィスラーの間にはハイウエイも通っていますが、海辺を走っていく鉄道からの景色は道路からとは全く違う美しさです。

朝出発のウィスラー行きには朝食が、午後発のバンクーバー行きにはアフタヌーンティーのサービスがあります。列車には、オープンエアの展望カーが連結されており、外の空気を感じ、滝や崖などを間近に見ることができます。こんなロマンチックな列車の一つの車両を貸切にして、レセプションやパーティを演出するのはいかがでしょうか。なお、同じ会社の運営する列車で、バンクーバーからカナディアンロッキーへ行く「ロッキーマウンテニア号」や、大陸横断鉄道「VIAレイル」も世界的に人気があります。「ロッキーマウンテニア号」では、企業のインセンティブ旅行やチームビルディングのミーティング、レセプショ ンなどを車内で催すなどの企画にも対応できます。

4 レトロな外輪船でクルーズディナー

レトロな外輪船でクルーズディナー

イングリッシュベイやバンクーバー港周辺は、世界で最も夜景の美しいところのひとつとして知られています。柔らかな海風を受けながら、船上でのディナーはいかがでしょう。バンクーバーやビクトリアには、ヨットやボートのチャーター会社がたくさんあります。中でも人気があるのが、レトロな雰囲気の外輪船を使ったハーバークルーズ社のディナークルーズ。着席形式のディナーで115人まで対応可能です。

同社は275までのディナーに対応できるの大型船も所有しています。船内での会議やネットワーキングのレセプションなどもアレンジ可能。また、チャーター以外では、ランチ付きのクルーズや、ゴージャスな花火を船上から眺める特別クルーズもおすすめです。

なお、ビクトリアではオルカ・スプリット・アドベンチャーズ社がディナークルーズやホエールウォッチングなどを運航しています。最新の乗客定員168名の船では、大型展望デッキ、広々とした2階建てのキャビン、ダンスフロアもあり、様々なイベントに対応できます。通常のディナークルーズは3時間ですが、ホェールウォッチングと食事を組み合わせた5時間のクルーズもアレンジ可能です。

▲PAGE TOP

5 バーベキューの「料理の鉄人」誕生?!

バーベキューの「料理の鉄人」誕生?!

日本の人気テレビ番組「料理の鉄人」は、北米でも大きな話題になりました。2005年からは「アイアン・シェフ」と呼ばれるアメリカ版料理バラエティ番組も放送されて大人気。そのアイディアを生かして、チームビルディングのイベントにしたのが、カナディアン・アウトバック・アドベンチャー社が企画している「アイアン・シェフ・バーベキュー」です。

バーベキューはカナダの人たちにとっては、最も楽しい定番パーティ。家族の集いや会社の懇親会などでにも、バーベキューは欠かせません。この「アイアン・シェフ・バーベキュー」は、チームに分かれて、食材選びから調理、そして焼き上げるまで協力してチャレンジ。一番早く、おいしいバーベキューを作ることを目指します。成功の鍵はチームメンバーの協力とコミュニケーション。チームビルディングのイベントとしても、パーティの楽しい演出にもぴったりです。8人から1000人以上のイベントにも対応でき、バンクーバー、ビクトリア、ウィスラーで、人数に応じて野外会場をアレンジしてもらえます。

6 セレブ気分でアイスホッケー観戦!

セレブ気分でアイスホッケー観戦!

アイスホッケーはカナダ人が大好きなスポーツ。普段は穏やかな人が多いのですが、アイスホッケーとなると別。試合はいつもエキサイティングな大声援に包まれます。ロジャース・アリーナは、バンクーバー・カナックスのホームアリーナ。夏は大型コンサートの会場や展示会などにも利用されています。このロジャース・アリーナには、企業スポンサーやセレブたちが年間契約をしている特別観覧室があります。試合を見渡すのにベストの位置に、大きなガラス張りの部屋が用意され、ゆったりとワインや食事を楽しみながら観戦することができるのです。アイスホッケー・ファンにとってはまさに、憧れの場所。この特別観覧室「ホスピタリティ・スィート」を貸切利用することが可能になりました。会議などの後に、食事やドリンクを楽しみながらの試合観戦というようなセッティングもできます。バイキング形式から、シェフが目の前で調理してくれるディナーまで、ケータリングの種類も多様。特別観覧室専門の担当者がきめ細かなサービスをしてくれます。

▲PAGE TOP